• HOME
  • TEKリサイクルセンター
TEKリサイクルセンター

混合廃棄物選別プラント

大量の混合廃棄物を多機能な処理能力で効率的に選別

リサイクルできるものを効率的に選別し、先進技術により新たな資源をつくり出しています。また、施設内は集塵装置やミストによる粉塵防止システムなど、作業環境にも配慮された施設です。

定量供給ホッパー

粗選別した混合廃棄物を投入します。一定量ずつスムーズにラインに投入します。

集塵機

作業環境を良くする為、拡散する粉塵を集塵します。

エプロンコンベア

投入ホッパーから供給された、様々な形状のものを確実に搬送します。

トロンメル選別

ロータリー式の選別スクリーンを用い、撹拌しながら大きさ別にふるい分けします。密閉型を採用して、清潔な作業環境を実現しました。

アンダー材

トロンメルで選別された10mm以下の微細物を貯蓄します。重量の重い材料は主に処分場の覆土材として活用しています。

風力選別機Gセレクター

トロンメルで選別された20mm~50mmまでの混合廃棄物を大容量のダブルエアーブロアーによって、可燃物と不燃物とに効率的に自動選別します。

手選別コンベア

トロンメルからでた50mm以上の混合廃棄物を選別人員により種類別に選別します。

強力磁選機

手選別コンベアから流れてくる混合廃棄物から鉄類を自動的に選別、マテリアルリサイクルします。

選別した廃棄物から固形燃料を作ります。

廃プラスチック固形燃料化プラント(RPF)

選別された廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くずは、一時粉砕・二次粉砕にかけ分類し、リサイクル原料になります。これらの原料を最適な比率に混合し、圧縮成形して固形燃料を作ります。
出来上がった固形燃料は、製紙会社の発電ボイラーで石炭や重油の代替え燃料など、効果的・効率的な熱エネルギーとしてサーマルリサイクルします。

リサイクル原料

廃プラスチック類 繊維くず 木くず 紙くず

一次破砕機

選別されたリサイクル原料を二次破砕機にかけられる程度の大きさまで粉砕します。

金属選別機

磁力および金属検出機で、金属片をていねいに取り除きます。

二次破砕機

金属片を取り除いた原料をさらに細片になるまで破砕します。

定量供給

原料を最適な比率に混合し圧縮成形機に送ります。

圧縮成形

原料を圧縮ペレットで成形し、固形燃料を作ります。


廃食用油からバイオディーゼル燃料をつくります。

廃食用油ディーゼル燃料化プラント(まほろば事業)

BDF(Bio Diesel Fuel)=バイオディーゼル燃料は、植物性油脂などを加工したディーゼルエンジン用燃料の総称です。日本では家庭やレストラン、給食センターなどから出る使用済みの食用油を原料に精製しています。BDFを使うことで従来の化石燃料の燃焼で発生する二酸化炭素・硫黄酸化物を削減し、地球温暖化や大気汚染にブレーキをかけることができます。さらに、食用油の廃棄による河川の汚染を防ぐ地球環境にやさしい注目のクリーンエネルギーです。

ページの先頭へ