サービス

下水道の清掃・調査・補修

下水道管施設の調査

自走式の高感度特殊カメラをもちい、下水道管施設の調査をおこなっています。
地下の下水管の様子は地上に待機している下水道カメラ車のモニターに映写。管内の状況をすみずみまで把握できるので、いきとどいた清掃と確実な補修が可能になります。

車内にはオペレータールームを設置。特殊カメラを遠隔操作して撮影します。その映像は、ここのモニターに映しだされ、下水管内の状況を確認することができます。また、カメラの遠隔操作をおこなうこともできます。

洗浄

下水道管路施設および工場内排水設備の洗浄をおこなっています。
高圧洗浄車でどんな汚れもすみずみまで除去。また、大型強力吸泥車で堆積した汚泥を吸引。
すみやかに水を流し、かつ衛生が保たれた下水管を実現します。

■高圧洗浄車
洗浄ノズルから高い圧力をかけた水を勢いよく噴射。下水管にこびりついた汚れを剥離させ、吸引しやすいよう一ヶ所に集めます。なお、高圧洗浄部では、計2台の高圧洗浄車をそろえています。


■大型強力吸泥車
高圧洗浄車によって集められた汚泥などの汚れを、強力な吸引力を誇るバキュームでスピーディーに吸引します。なお、高圧洗浄部では、大型4台のほかに、4t 3台、2t 1台の強力吸泥車をそろえています。


FRP内面補修工法

下水道管路は、埋没後過酷な条件下で使用され、管ズレやクラック、浸入水による土砂の流入、硫化水素等による管壁の腐食など、常に維持管理の必要性があります。現在様々な修繕(補修)工法が開発されていますが、下水道管渠が埋設された道路には、電気、水道、ガス管なども埋設されており、長期の開削による布設替えは、住民、交通、環境等に与える影響も大きく、容易ではありません。この問題を解決するのが、非開削のFRP内面補修工法です。既設管路内面のいろいろな損傷に対して、短い工期で効率的かつ経済的な管更正が実現できます。

FFT-S工法

特殊ガラス繊維で構成されたサンドイッチ構造のライナーに未硬化の樹脂を含浸させた材料を下水道管渠内に引込み、蒸気で硬化させ、強度のある平滑なFRPパイプを構築し、管きょをリニューアルする工法です。

ページの先頭へ