サービス

廃食用油燃料

廃食用油から
バイオディーゼル燃料をつくります。

廃食用油ディーゼル燃料化プラント(まほろば事業)

BDF(Bio Diesel Fuel)=バイオディーゼル燃料は植物性油脂などを加工したディーゼルエンジン用燃料の総称です。
日本では家庭やレストラン、給食センターなどから出る使用済みの食用油を原料に精製しています。
BDFを使うことで従来の化石燃料燃焼で発生する二酸化炭素・硫黄酸化物を削減し、地球温暖化や大気汚染にブレーキをかけることができます。さらに、食用油の廃棄による河川の汚染を防ぐ地球環境にやさしい注目のクリーンエネルギーです。

BDF(廃食油ディーゼル燃料化)施設

一般家庭、学校給食、病院、外食産業等から排出された、植物性廃食油を原料に反応、中和、洗浄しBDF(バイオディーゼル燃料)を生成しています。出来たBDFは場内の重機車両やパッカー車に使用しております。

ページの先頭へ