TEKリトルパーク開園の経緯

平成
26年11月 「TEKリサイクルセンター高岡」の工場拡張用地を買収。 
(事業用地として隣接地、約1万3,700㎡を取得)
29年1月 万葉線株式会社から“デ5000形”電車「デ5022号」の譲渡・保存の依頼が あり、弊社が当該車両を取得し、修理・改装することを決める。
29年2月 県道拡幅用地として、26年取得の事業用地の一部、約300㎡を富山県に譲渡。(従来から、万葉線株式会社においては「新吉久電停」を平面電停から、安全性の高い島式電停への改善を検討されてきた、これに呼応して弊社が用地を譲渡し、富山県が県道の拡幅整備を進めることとなる)
29年3月 株式会社JR貨物・北陸ロジスティクスに「デ5022号」電車の復元整備工事を委託し、修繕・改装作業が始まる。
29年7月 万葉線株式会社が新たに、防護柵、屋根・側壁等を備えた島式電停「新吉久電停」を整備。
29年10月 「TEKリトルパーク」に電車展示台を設置。(コンクリート造、レール・敷石敷設)
29年11月 「デ5022号」電車のライトアップ用照明施設及び園内監視カメラ設置。
29年12月 「TEKリトルパーク」園内のフェンス・駐車場等土木工事完工。
30年3月 「デ5022号」電車の復元整備が完了し、「TEKリトルパーク」へ搬入し、電車展示台に設置する。
30年4月 「デ5022号」電車に警備システムを整備。
30年9月 「TEKリトルパーク」に休憩棟新設(105㎡)…展示室・トイレ・休憩施設等を整備。
30年10月 枝垂れ桜植栽・芝張り工、景石配置・園内舗装等を施工し、「TEKリトルパーク」整備事業が完成する。(面積:3,200㎡)
30年10月13日 高岡市衛生公社 開業60周年記念事業
「TEKリトルパーク」 開 園