デ5022号車について

  昭和26年、ここ吉久に路面電車の運行が始まりました。富山地方鉄道の高岡⇔伏木間の高伏線と、富山⇔新湊間の射水線が吉久地区で接続し、富山新港建設による射水線切断までは、高岡⇔富山[新富山・西町]間の直通運転が行われました。
  この路線は、高岡側は路面電車の軌道線、射水線側は郊外電車の鉄道線であったため、両方の路線を乗り継ぎなく走行できる電車が必要となりました。これに対応した車両が“デ5000形”であり、日立製作所が34両を開発・製造し、「デ5022号」は昭和25年に納入されました。高床式の車体構造のため、床下機器がむき出しになっている無骨さが印象的です。
  昭和46年、「デ5022号」は旅客車の使命を退きましたが、引き続き除雪専用車に改修され、平成24年までの62年間にわたり、富山地方鉄道、加越能鉄道、万葉線の所管する電車として活躍、多くの人々に慕われてきました。
  このたび、高岡市衛生公社は開業60周年を迎え、その記念事業として、「デ5022号」を万葉線株式会社から譲り受け、未来に引き継ぐため、全面改修を行いました。
  「デ5022号」が、地域の遺産として、また万葉線を愛する市民のシンボルとして、皆様に親しみ・愛されるよう願っています。

平成30年 10月
株式会社 高岡市衛生公社

製造年月 昭和25年12月 自重 18トン
乗客定員 72人(内座席24人) 最大寸法 長さ 12.640メートル
電動機 38kW(50hp) 4基 幅  2.500メートル
架線電圧 直流 600ボルト 高さ 3.952メートル